しまばら病院検査のご案内

当院で行える検査のご紹介

採血

血液は体内中を巡っているため、血液検査からはさまざまな情報を得ることができます。生活習慣病のように自覚症状が現れにくい病気の場合など、血液検査をすることにより、病気の早期発見、早期治療が可能になります。               【院内当日迅速結果】貧血検査(白血球、赤血球、血小板、血色素量、ヘマトクリット)、生化学検査(肝機能:T-Bil、GOT、GPT、γ-GPT、腎機能:Cre、BUN、UA、脂質:HDL、LDL、T-cho、TG、電解質:Na、K、Cl)、心臓関連(NT-proBNP、BNP、心筋トロポニンT、D-dimerなど)、糖尿病(HbA1c、BS)、ワーファリン採血(PT-INR)、CPK
【血液センター提出分後日結果】免疫(アレルギー)関連(非特異的IgE、特異的IgE、好酸球など)、感染症(B型肝炎,、C型肝炎など)、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、SCC、PSAなど)、内分泌検査(甲状腺ホルモン、下垂体ホルモン、副腎ホルモンなど)も行っております。
採血                                            

レントゲン撮影(X線一般撮影)

当院では主に胸部レントゲン撮影を行います。胸部レントゲン撮影では、胸部にある臓器(主に肺・心臓・大動脈など)、つまり呼吸器と循環器に異常がないかを調べます。肺に異常な影があるかどうか、心臓の形に異常があるかどうかを調べます。その他必要に応じて、腹部や骨の撮影も行っております。検査着にお着換えいただければ、検査中に脱衣をする必要はございません。
Xsenroom                                            

心電図(ECG)/血圧脈波検査(ABI)

血圧脈波検査(ABI)は脈の伝わる速度を測ることで、心血管病の発症リスクがわかります。測定方法は簡単で、血圧を測るような感覚でほとんど痛みはなく、5分程度で終了します。CAVI(動脈の硬さ)とABI(動脈の詰まり)を測定することで、血管年齢、動脈硬化の進行の程度がわかり結果も即日です。                                                 心電図(ECG)は、心臓全体のはたらきを調べることができ、心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認、薬の副作用の発見などに欠かせない検査です。
いずれも、検査の為に一部服を脱いで頂くなどのご協力をお願いすることがございます。ご希望がございましたら男性には男性技師、女性には女性技師が担当をさせていただきますので検査前にあらかじめご相談ください。(検査直前での対応は出来ない場合がございます)
ECG                                            

CT検査(コンピューター断層撮影装置)

当院ではCanon製64列マルチスライスCTを設置しております。                           予約なしでも常時撮影可能です。頭部〜下肢まで撮影可能です。X線CT認定技師が被ばく線量軽減を考慮し撮影にあたっております。心臓領域においては細い冠動脈まで精密に抽出することが出来ます。外来にて僅か20分程度で簡単に行える検査です。解析に要する時間は15分〜60分なので特殊な症例を除いて、ご希望がございましたら当日中に診断結果をご提示します。冠動脈の病変が気になる方は、一度お電話で御相談ください。※検査のため検査着にお着換えいただきます。                          他院様からの「検査のみ」のご依頼にも迅速に対応させていただいております。
→ 他院様用 CT依頼書ダウンロード CT                                            

心臓超音波(UCG)・各種超音波検査(血管系/腹部等)

当院では超音波検査機器を常設しており、結果は即日です。超音波検査は身体に負担の少ない検査です。                              心臓超音波検査は、超音波を使用して心臓の解剖学的構造やそこを流れる血流をリアルタイムで観察し、臨床的に必要な情報を得るために行われます。当院では、超音波検査士が検査にあたっております。検査を受けていただくにあたって患者様には服を脱いで頂くなどのご協力をお願いすることがございますが「どうして服を脱がないといけないの?」といった当然の疑問はもちろん、ご質問等、ご遠慮なくどうぞ。ご希望がございましたら男性には男性技師、女性には女性技師が検査を担当させていただきますので検査前にあらかじめご相談ください。(検査直前での対応は出来ない場合がございます)UCG         

トレッドミル負荷心肺機能検査(TMT)

トレッドミル検査とは、運動をしながら行う心電図検査です。 安静時ではわからない心電図の変化や不整脈・血圧の変化を見て、運動中の心臓の状態を検査します。心電図装着時、服を脱いで頂くなどのご協力をお願いすることがございます。ご希望がございましたら男性には男性技師、女性には女性技師が担当をさせていただきますので検査前にあらかじめご相談ください。(検査直前での対応は出来ない場合がございます)TMT         

ホルター心電図検査(24時間心電図検査)

心電図記録装置を身体に取り付けて、24時間日常生活をしていただきます。その記録された心電図を解析し観察する検査です。不整脈や狭心症では、症状が無いときの心電図では診断がつきません。病院で受ける短時間での心電図検査ではこのような症状が発症することが少ないので実生活での心電図を長時間記録し診断の役にたてます。結果は外した日に説明可能です。装着時に服を脱いで頂くなどのご協力をお願いすることがございます。ご希望がございましたら男性には男性技師、女性には女性技師が担当をさせていただきますので検査前にあらかじめご相談ください。(検査直前での対応は出来ない場合がございます:記録装置の機種選択は出来ません)HOLTER2

睡眠時無呼吸症候群(SAS検査)

 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何回も無呼吸になってしまう病気です。 無呼吸状態になることで、一時的とはいえ全身が低酸素状態になります。 このため睡眠状態を悪化させるだけでなく、体への負担も大きな病気です。睡眠時無呼吸症候群による重度な眠気のせいで、寝てはいけない時に眠くなってしまう病気のため、仕事や私生活などに大きく支障を生じてしまいます。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の呼吸状態を検査することで診断することができます。まずは自宅で下記、簡易検査を行い、明かな結果がでなければ本格的な検査を行っていきます。睡眠時無呼吸症候群と確定したら、CPAPという呼吸器をつけて就寝する治療が一般的です。英語名であるSleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」と言われています。
■パルスオキシメーター
指先にセンサーをつけて、血液中の酸素の状態と脈拍数を測定し、睡眠中の無呼吸を予測する機器です。
当院では、フクダ電子社製、パルスオキシメータエニィパルウォーク を使用し、客観的な睡眠状態を把握します。入浴中も測定可能、用途に合わせた3つのモード、METs測定機能搭載、スムーズな歩行試験が可能等、多彩な機能による高精度な測定が可能です。

■簡易PSG検査
自宅で取り扱い可能な検査機器 を使用し、睡眠時の状態をチェックする検査です。パルスオキシメーターに加え、呼吸センサーも付いている機器です。手の指や手首、鼻の下にセンサーを装着して睡眠することで、いびきや睡眠中の脈拍数、血中の酸素飽和度などを検査します。病院での検査とは異なり、いつもと同じように自宅で眠りながら検査できます。

呼吸機能検査(スパイロメーター検査)

深呼吸をしたり、勢いよく息を吐き出したりして、肺の機能や病気を調べる検査です。手術前や、肺気腫、気管支喘息などの病気を調べるために使われます。スパイロ

X線骨密度測定装置(前腕DEXA)

DXA法(Dual Energy X-ray Absorptiometry)により前腕の骨密度を測定します。異なるエネルギーのX線を照射する方法で前腕の骨密度(BMD)を測定する検査です。健診などで多く用いられる超音波法に比べ、骨密度を「より正確に※」判定できます。検査時間は2分ほどで結果も即日です。
※日本骨代謝学会、日本骨粗鬆症学会が作成する診断基準(2012年度改定版)に準拠/日本人のYAM(Young-Adult-Mean:若年成人骨密度平均値:20歳-44歳)と比較できる/微細な骨密度変化に対応/近年注目「橈骨遠位1/10部位」を用いた治療効果評価に対応                                                  DEXA2

聴力検査(簡易聴力検査)

聴覚の状態、レベルを検査するものです。 聴力障害の程度、重症度、その発症部位、性質を知り、疾患の予後判定、治療の選定、判断を行う目的の検査です。ヘッドホン(両耳)にあて、左右別々に低い音から高い音まで色々な音の高さの聞こえ具合を調べます。AM-1

新型コロナウィルスPCR検査(鼻腔拭い)

当院では新型コロナウイルスの感染対策のため、アボット社製PCR検査機器「ID NOW 」を導入しております。新型コロナウイルスのSARS-CoV-2検査を13分以内で行える迅速で正確な感染症遺伝子検査システムです。
発熱や味覚症状など「有症状」の方で医師が必要と判断した場合(保険診療)だけでなく、「無症状」の方で自覚症状はない(保険外診療)けれど、新型コロナウィルス感染の有無を調べたい方、渡航前のPCR検査が必要な方にも検査を行うことができます。
※検査試薬の供給が不足しているため、検査をご希望の際は一度お電話でご確認をお願いいたします。